銀行カードローンを利用するメリットについて

貸金業者が運営をしている融資のサービスに、カードローンと呼ばれるものがあります。カードローンは個人向けの融資サービスで、無担保で借り入れができる点がメリットとなります。貸金業者の立場から考えると、担保なしで融資を実行することになりますので、貸し倒れが起きないように利用者のことをしっかりと審査しておく必要があります。そのために貸金業者に借り入れの申込みをしたときには、審査で年収などを聞かれることになります。

消費者金融の場合には貸金業法に基づいて融資が行われていますので、総量規制の適用を受けて年収の3分の1までの範囲でしか融資を行うことができません。総量規制の適用については、消費者金融に対して適用される法律的な制限となりますので、銀行が行っているカードローンは適用の対象とはなりません。銀行カードローンのメリットとしては、総量規制の適用を受けないことに加えて、消費者金融の行っている融資サービスと比較して低金利で借り入れができることや、すでに他の金融業者から借り入れをしている人向けのおまとめローンなどのサービスがあることが挙げられます。基本的に総量規制の適用を受ける消費者金融のサービスでは、自分自身の収入の無い専業主婦の場合には、融資を受けることができないことになります。

ただし、銀行カードローンであれば法律の制限を受けないために、専業主婦でも借り入れ可能なサービスを提供している金融機関もあります。

Filed under: ファクタリング会社, 比較, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website