ファクタリング会社選びは比較検討が重要です

ファクタリング会社によって具体的なサービス内容や手数料が異なるので、各社を比較検討することが重要です。1社だけではなく複数のファクタリング会社から見積りを取り、各社を比較検討した上で信頼できる会社を選ぶとよいでしょう。ファクタリングは金融機関からの融資とは異なり明確な法規制が行われていません。様々なファクタリング会社が存在するので比較検討して信頼性を判断する必要があります。

ファクタリングとは売掛債権を入金期日前に売却し経営資金を調達する方法で、2社間取引と3社間取引の2種類が存在します。2社間方式は手数料が高いものの、自社の経営状況を取引先に知られる心配がなく即日入金も可能というメリットがあります。3社間取引は取引先に通知して承諾を得る必要があるため入金まで1週間ほどかかりますが、手数料が安く設定されています。一般的な手数料の相場は2社間取引が売掛債権額の6%から40%ほどであるのに対して、3社間取引は1%から5%ほどとされます。

インターネットで検索すると、様々なファクタリング会社のホームページを見付けることができます。各社を比較する場合には、まず取引の方式と手数料を調べる必要があります。相場よりも安く記載されていても、実際には高額な手数料を請求されるケースも存在します。最初に取引方式と手数料を調べたら、電話やメールなどで具体的な手数料について問い合わせてみるとよいでしょう。

スタッフの対応もファクタリング会社の信頼性を判断する重要な材料になります。ファクタリング会社の比較のことならこちら

Filed under: ファクタリング会社, 比較, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website