ファクタリング会社を比較する重要ポイントとは

売掛債権を現金化してくれるファクタリング会社は、困ったときに味方となる存在です。現金を手にすることができれば支払いに回すことも投資をすることもできるので、事業を守ったり攻めたりすることに利用できます。企業の成長はファクタリング会社にとってもプラスになりますが、良い会社を選ばないと、必ずしもウィンウィンの関係にはなれないので注意が必要です。ファクタリング会社を比較する上で重要なのが、手数料です。

手数料は売掛債権を売却したときに受け取ることができる金額と、本来の請求額の差額で計算することができますが、手数料が高すぎれば事業を圧迫し、さらなる経営危機を招きかねません。最近では比較的低コストのサービスが次々と出てきているため、ファクタリング会社同士の競争の結果どこもコストは下がってきていますが、それでも10%を超える手数料が必要になることも珍しくありません。サイトで調べると手数料についても比較できますが、このとき、最低手数料率ではなく、最大何%くらいになるのか明記している会社を選んだほうが良いでしょう。最低手数料率は何度も利用を重ねて信頼関係ができ、かつ一定のまとまった売掛債権の取引が行われるときに適用されます。

初めての取引だったり、少額の請求書の売却では、最低手数料が適用されることはありませんので、最大何%なのか書かれていない会社は高額な手数料が求められる可能性もあり、不親切です。資金が必要なときは急いでいることも多いのですが、どの会社と取引をするのかはじっくりと時間をかけて考えるようにしましょう。即日入金などのワードに踊らされてしまうと、手数料が高くなる可能性もあるので、慎重な判断が重要です。

Filed under: ファクタリング会社, 比較, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website