ファクタリング会社の比較方法について

ファクタリング会社には様々なものがあり、それぞれサービス内容や手数料も異なります。各社を比較検討するのであれば、取引の方式について調べることが大切です。ファクタリングには利用者とファクタリング会社で行う2社間方式と、取引先へ通知して承諾をもらう3社間取引があります。2社間取引は取引先が関与しないため、手続きが簡単で即日での現金化も可能です。

この方式には自社の状況について取引先に知られる心配がないというメリットも存在します。2社間取引では利用者が取引先から売掛金の支払いを受けて、さらにファクタリング会社へ入金しなければなりません。利用者は資金繰りが悪化していることが多く、確実に入金される保証がないため手数料は売掛債権額の6%から40%ほどと高額に設定されるのが一般的です。3社間取引では取引先に通知して承諾をもらう必要があり、現金化までに1週間ほどかかります。

この方式ではファクタリング会社が直接的に売掛金の支払いを受けるため回収不能となるリスクが2社間取引と比較して小さく、手数料は売掛債権額の1%から5%ほどと安く設定されるのが通常です。2社間取引と3社間取引を比較すると、前者はスピードを重視する場合に適しており後者は手数料の安さを重視する場合に適しています。多少高額な手数料を支払ってもよいので、素早く資金を調達したい場合には2社間取引を行っている会社を選ぶとよいでしょう。時間に余裕があり、取引先に自社の状況を知られても問題なく手数料をなるべく抑えたい場合には3社間取引を行っている会社がおすすめです。

Filed under: ファクタリング会社, 比較, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website