ファクタリング会社を比較する場合の注意点とは

ファクタリング会社を比較するには、各社が提供しているサービス内容や手数料が重要です。売掛債権を売却して早期に現金化する方法には2社間取引と3社間取引があります。2社間取引はファクタリング会社と利用者だけで行われますが、3社間取引には売掛先も関与します。前者は売掛先が関与しないので手続きをスムーズに行うことができ、自社の財務状況を知られる心配もありません。

即日での入金も可能ですがリスクが大きいため手数料が高く設定されています。2社間取引では利用者が売掛先から売掛金の支払いを受けて、さらにファクタリング会社へ入金します。3社間取引ではファクタリング会社が売掛先から直接的に売掛金の支払いを受けます。ファクタリングでは売掛先の信用力が問われるため、利用者が赤字決済や債務超過などの状態でも問題はありません。

2社間取引では利用者の倒産などで売掛金が支払われない可能性がありますが、3社間取引ではファクタリング会社が直接的に支払いを受けるためリスクが小さくなります。一般的な手数料の相場は2社間取引が売掛債権額の6%から40%ほど、3社間取引は1%から5%ほどとされています。実際の手数料は各社ごとに異なるため、比較検討して自社に合ったサービスを提供している会社を選ぶ必要があります。ホームページの記載と異なる手数料を請求されることもあるので、電話やメールなどで問い合わせてみるとよいでしょう。

問い合わせへの対応も各社の信頼性を比較するための重要な材料になります。

Filed under: ファクタリング会社, 比較, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website