ファクタリング会社を比較するポイントとは

ファクタリングを利用する際には、一般的には手元に現金がなく、また支払い期日が迫ってておりお金が足りないと言う場合に利用することが少なくありません。そのためあまり比較検討を行うことが少なく、すぐに現金を入手することができるファクタリング会社を選んでしまうことが多いものです。しかしこれによって損をしてしまうと言う恐れもあり、またその後の企業活動に大きな影響を及ぼすケースもあるため、十分に注意をしなければなりません。一般的にファクタリング会社にはそれぞれ違いがあり、そのポイントを十分に比較することが良い方法となります。

そのポイントとは手数料の違いと換金のスピードの違い、そして契約のスタイルです。このうち手数料と換金のスピードは多くの人が意識することが多いのですが、契約のスタイルの違いはあまり意識されないと言うことが多く、しかしこれが実際には大きなトラブルを生んでしまう原因となることもあるため注意が必要です。基本的にファクタリングに使用する売掛債権は発行をする会社とこれを受け取る会社があり、その両者の信頼関係によって成り立っている部分が少なくありません。またファクタリング会社はその債権の信用度合いを確認するため、持ち込まれた段階で発行下の会社に確認をし、同時に期日までの支払いを約束するための承認を得ると言うことも多いものです。

すなわち発行元の会社に対してはファクタリングに債権を利用したことが知られてしまい、逆にその会社のキャッシュフローが悪化していることを察知されてしまうこともあるため注意が必要です。ファクタリング会社を選ぶ場合にはこれらの点に十分に注意をし、十分な比較を行って利用することが大切となっています。

Filed under: ファクタリング会社, 比較, 金融Tagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website