不動産相続時に司法書士活用を

身近な地域で事業を営んでいる専門家にもいくつかの種類がありますが、そのなかでも弁護士・司法書士と行政書士は法律関係の資格をもつため、割と一般の人との接点が多いといえるでしょう。司法書士は法務局に提出する書類、具体的には不動産登記や供託などの分野を取り扱っており、わからないことがあれば随時相談をすることができるほか、依頼者の代わりに申請や届出の手続きをしたり、そのための書類を作成したりすることもできます。現在は報酬が自由化されているため、同じ仕事を請け負ったとしても司法書士事務所によってその金額が異なることがあります。したがって対応がていねいで誠実な価格を設定しているところを選んで依頼をすることもたいせつです。

登記関連でも特に不動産相続の登記は複雑であり、一般の人にといっては難しい面が多いといえます。不動産相続登記も売買時と同様の所有権移転登記の一形態であることに変わりはありませんが、不動産相続登記では関係する相続人の数が極端に多かったり、戸籍謄本など相当の過去にさかのぼって交付請求をしなければならない書類も多いためです。こうした複雑な登記ほど司法書士に依頼をするメリットは高まります。単純な住所変更などの登記であれば、一般の人であっても参考書を見返すなどしてある程度対応することができますが、不動産相続登記では時間がかかるはかりでいっこうに作業が進まないこともめずらしくはありません。

プロである司法書士に依頼をすれば時間の節約につながりますし、正確性を担保することもできます。